食品の安全性を評価するときに大事なものが「食経験」。

「実績」のようなものです。

つまり、「長い間食べられてきたけれど、特に問題なかったから、安全と言っていいでしょう!」ということです。

FDA(アメリカの公的機関)は、25年を目安に、

オーストラリア・ニュージーランドの食品基準局は、2~3世代を目安としているようです。

特にサプリメントを選ぶ際は、「実績」も評価のひとつになります。

 

Author Profile

kazusa
桜間和紗(さくらま かずさ)
兵庫県芦屋市出身
国立大学薬学部修士課程修了後、大阪で製薬会社研究員として6年間勤務。
2010年 沖縄へ移住。 薬剤師として働く。
自分が住む場所を自分で決めるって楽しい!と実感する。
医療現場をみて、病気になってしまう前に、出来ることがあるはず!と、
栄養、水、空気などに興味をもっています。
精神的な健康には、コスメティックも大切と思い、パーソナルカラリストの資格を取得。
ダイビングも大好き!自分で潜りたいと思い、ダイブマスター取得。
健康な身体、たのしい仲間、たのしい趣味、外見の美しさ、そして経済力を求めて、日々チャレンジ中です!

最近使っている資格:薬剤師、パーソナルカラリスト、ダイブマスター
kazusa@tanoshiinakama.okinawa

http://tanoshiinakama.okinawa/wp-content/uploads/2015/05/image154.jpghttp://tanoshiinakama.okinawa/wp-content/uploads/2015/05/image154-150x150.jpgkazusa健康になろう栄養講座食品の安全性を評価するときに大事なものが「食経験」。 「実績」のようなものです。 つまり、「長い間食べられてきたけれど、特に問題なかったから、安全と言っていいでしょう!」ということです。 FDA(アメリカの公的機関)は、25年を目安に、 オーストラリア・ニュージーランドの食品基準局は、2~3世代を目安としているようです。 特にサプリメントを選ぶ際は、「実績」も評価のひとつになります。