image image

 

 

やっぱり英語は楽しいです。

 

6人の参加者の皆さんとともに楽しくできました。

 

オールイングリッシュは

辞めましたので、日本語でしっかり説明をしました。

あと、英会話教室でよくある、場面別英会話のロールプレイングも辞めました。

 

わたしは語学というのは、他の学問と違って記憶の作業が要になるとおもっています。しかしそれを型にはめて記憶してしまうだけでは、肝心な実用の場面で、少しでもイレギュラーなことに対応できません。

たとえ聞き取れなくても、「こうこうこういうこと?」とこちらが質問して理解していければいいとおもうんです。聞こえてないのにわかったふりをするのではなくて。

そのために、いちばん大切なのは、

単語をとにかく記憶しまくることだとおもうのです。

 

記憶and使う、覚えて覚えて、とにかく発言する、ひとりでいるときに目に入った事物について、英語では。。と思い出したり。

毎日何かしら、ひとつでもいいから、英語でなんていうのかな?

ネットで調べる

記憶する

使う(思い出す)

を繰り返すだけで、そうとう違いますよ。

 

 

 

 

私の概念としては、「グローバルイングリッシュ」の定義がいちばんしっくりくるのです。

わたしはネイティヴの先生から多くのことを学びましたが、とても専門的な文法のクラスを受講した上、

おびただしい数の単語をおそろしく詰め込みまくった上、

 

であればそれは、功を奏すものだとおもうのです。

 

難解な文法と膨大な語彙力がないままネイティヴの先生にオールイングリッシュで教わることで、日本人が英語をペラペラになったのを見たことがありません。

 

外国人とお付き合いして身体で覚えてきた皆さんとは、やはり日常の接触頻度も、取り組む意欲も変わってしまうので、恋愛と、まあつまり、松田聖子ちゃんがジョンと付き合ったから英語がペラペラになったのとあなたのは、ワケがちがうのです。

 

グローバルイングリッシュの定義とは。。

 

1  発音は気にしない

2 イディオム(慣用句や熟語)は覚えない

3 日本人でもわかる、中学生でもわかるワーズandフレーズで文章を組み立てる

 

どちらも、もちろん習熟度によりますので、いずれは取り組むべきところなんですが、最初から気にしなくても英語はしゃべれるよって思ってもらいたいのです。

 

わたしもさんざん外国人から、「沖縄の人の英語は下品なアメリカ英語だ」とか

「ジャングリッシュ(ジャパニーズがしゃべるイングリッシュ)だ」などとバカにされたりしましたが、そんなこと気にしてたらいつまでもしゃべれませんからねぇ( ´ ▽ ` )

 

今回第一回は、さまざまなレベルの皆さんが入れ混ぜでした。

 

ほぼ初心者といってもいいほどのかたたち

まあまあしゃべる、聴くことのできるひとたち

スラスラと自分のことや仕事や趣味の説明を踏み込んでできるひとたち

 

 

に別れました。

最初にとにかく、アイスブレークで、フォーヒントクイズをして、

簡単な名刺や形容詞を思い出してもらう作業

 

つぎに、自己紹介と、それぞれの人のしゃべった内容をどこまで理解できるかの質疑応答形式ワーク

 

 

そして学習についてのアドバイス

 

インタラクティブワーク

トピックを「旅行」ときめて、そこから派生する単語や、活用文型をみんなで組み立てました。

おわってから各々行きたい国の話と、それについてリスニングしながら会話をしてもらいたかったのですが、今回時間が足りずにできませんでした。。(>_<)

最後に、お茶とケーキを食べながら日本語と英語で

会話をし、終わりました。

 

時間配分を考えて、次回はより多く記憶and発言

の時間を取りたいとおもいます。

 

 

 

 

 

 

image

Author Profile

meg
全てが勉強!絶賛成長中^_^
特技は猫の性別を後ろ足の間を見なくても見分けられることです。
meg@tanoshiinakama.okinawa
こんにちは✨meahです。沖縄県那覇市にて、子どもたちに英語をおしえてます。いつか、日本の子どもたちのために何かしたいという思いで、若者を応援するプロジェクトを推進する師のもとで勉強中です。テーマはteaenglish!ティーングリッシュってことで、お茶を飲むように楽しく豊かな気持ちで英語を学ぼう!です^_^

ホームページ
http://tanoshiinakama.okinawa

YouTube

https://m.youtube.com/channel/UCsGNVGFjlcBCJr5DGDGENcA


Facebook https://m.facebook.com/satomeg?ref=bookmark

http://tanoshiinakama.okinawa/wp-content/uploads/2015/08/image12-1024x768.jpghttp://tanoshiinakama.okinawa/wp-content/uploads/2015/08/image12-150x150.jpgmegスタッフ日和楽しく学ぼう    やっぱり英語は楽しいです。   6人の参加者の皆さんとともに楽しくできました。   オールイングリッシュは 辞めましたので、日本語でしっかり説明をしました。 あと、英会話教室でよくある、場面別英会話のロールプレイングも辞めました。   わたしは語学というのは、他の学問と違って記憶の作業が要になるとおもっています。しかしそれを型にはめて記憶してしまうだけでは、肝心な実用の場面で、少しでもイレギュラーなことに対応できません。 たとえ聞き取れなくても、「こうこうこういうこと?」とこちらが質問して理解していければいいとおもうんです。聞こえてないのにわかったふりをするのではなくて。 そのために、いちばん大切なのは、 単語をとにかく記憶しまくることだとおもうのです。   記憶and使う、覚えて覚えて、とにかく発言する、ひとりでいるときに目に入った事物について、英語では。。と思い出したり。 毎日何かしら、ひとつでもいいから、英語でなんていうのかな? ↓ ネットで調べる ↓ 記憶する ↓ 使う(思い出す) を繰り返すだけで、そうとう違いますよ。         私の概念としては、「グローバルイングリッシュ」の定義がいちばんしっくりくるのです。 わたしはネイティヴの先生から多くのことを学びましたが、とても専門的な文法のクラスを受講した上、 おびただしい数の単語をおそろしく詰め込みまくった上、   であればそれは、功を奏すものだとおもうのです。   難解な文法と膨大な語彙力がないままネイティヴの先生にオールイングリッシュで教わることで、日本人が英語をペラペラになったのを見たことがありません。   外国人とお付き合いして身体で覚えてきた皆さんとは、やはり日常の接触頻度も、取り組む意欲も変わってしまうので、恋愛と、まあつまり、松田聖子ちゃんがジョンと付き合ったから英語がペラペラになったのとあなたのは、ワケがちがうのです。   グローバルイングリッシュの定義とは。。   1  発音は気にしない 2 イディオム(慣用句や熟語)は覚えない 3 日本人でもわかる、中学生でもわかるワーズandフレーズで文章を組み立てる   どちらも、もちろん習熟度によりますので、いずれは取り組むべきところなんですが、最初から気にしなくても英語はしゃべれるよって思ってもらいたいのです。   わたしもさんざん外国人から、「沖縄の人の英語は下品なアメリカ英語だ」とか 「ジャングリッシュ(ジャパニーズがしゃべるイングリッシュ)だ」などとバカにされたりしましたが、そんなこと気にしてたらいつまでもしゃべれませんからねぇ( ´ ▽ ` )   今回第一回は、さまざまなレベルの皆さんが入れ混ぜでした。   ほぼ初心者といってもいいほどのかたたち まあまあしゃべる、聴くことのできるひとたち スラスラと自分のことや仕事や趣味の説明を踏み込んでできるひとたち     に別れました。 最初にとにかく、アイスブレークで、フォーヒントクイズをして、 簡単な名刺や形容詞を思い出してもらう作業 ↓   つぎに、自己紹介と、それぞれの人のしゃべった内容をどこまで理解できるかの質疑応答形式ワーク   ↓   そして学習についてのアドバイス   ↓ インタラクティブワーク トピックを「旅行」ときめて、そこから派生する単語や、活用文型をみんなで組み立てました。 おわってから各々行きたい国の話と、それについてリスニングしながら会話をしてもらいたかったのですが、今回時間が足りずにできませんでした。。(>_<) 最後に、お茶とケーキを食べながら日本語と英語で 会話をし、終わりました。   時間配分を考えて、次回はより多く記憶and発言 の時間を取りたいとおもいます。