投資信託を買う時に気になるのは、手数料でしょう。

その投資信託の手数料には、大きく分けて3種類あります。

それは、「販売手数料」「信託報酬」「信託財産留保額」です。

手数料の中でも大きな割合を占めているのは、「販売手数料と」「信託報酬」です。

販売手数料は、0%~4%と商品や証券会社によって大きく違う為、ここは投資信託を買う上で一番押さえておきたいポイントになります。

信託報酬も商品によって違くて、だいたい0.2%~2%の間になります。

一般的に手数料はアクティブ型投資信託ほど高く、またしくみが複雑になっているものが高くなりやすいです。それに比べて、しくみが単純なパッシブ型投資信託やETFなどは手数料も安くなってます。

手数料が高い分、運用成果も高いのなら納得がいきますが、インデックス型投資信託を下回る成績しか残せないアクティブ型の投資信託も多いのが現状です。

こうしたことも考えて、投資信託を買う際は、実際の運用成績に加えて手数料の高さも比較するようにしましょう。

運用実績に関しては、ちゃんと商品ごとに管理されているので目を通すことをおススメします。

また、わからない単語などがありましたら、すぐネットで調べると出てきますので心配することはないと思います。

いやー、便利な世の中になりましたね~

image


http://tanoshiinakama.okinawa/wp-content/uploads/2015/03/image173.jpghttp://tanoshiinakama.okinawa/wp-content/uploads/2015/03/image173-150x150.jpgXキャッシュフロー・ゲーム楽しく学ぼう投資信託を買う時に気になるのは、手数料でしょう。 その投資信託の手数料には、大きく分けて3種類あります。 それは、「販売手数料」「信託報酬」「信託財産留保額」です。 手数料の中でも大きな割合を占めているのは、「販売手数料と」「信託報酬」です。 販売手数料は、0%~4%と商品や証券会社によって大きく違う為、ここは投資信託を買う上で一番押さえておきたいポイントになります。 信託報酬も商品によって違くて、だいたい0.2%~2%の間になります。 一般的に手数料はアクティブ型投資信託ほど高く、またしくみが複雑になっているものが高くなりやすいです。それに比べて、しくみが単純なパッシブ型投資信託やETFなどは手数料も安くなってます。 手数料が高い分、運用成果も高いのなら納得がいきますが、インデックス型投資信託を下回る成績しか残せないアクティブ型の投資信託も多いのが現状です。 こうしたことも考えて、投資信託を買う際は、実際の運用成績に加えて手数料の高さも比較するようにしましょう。 運用実績に関しては、ちゃんと商品ごとに管理されているので目を通すことをおススメします。 また、わからない単語などがありましたら、すぐネットで調べると出てきますので心配することはないと思います。 いやー、便利な世の中になりましたね~