おはようございます。

今日のネタは、お昼ごはんでお世話になっている丸亀製麺のお話です。

丸亀製麺でおなじみのトリドールは、沖縄だけで6店舗、全国規模でみると現段階で848店舗も展開している外食産業の大手ですね!

そのトリドールは数年前から海外出店を展開していて、海外では92店舗も展開しています。

主な出展地域は、中国、インドネシア、台湾、タイ、オーストラリア、アメリカなどアジアを中心に展開中でございます。

そんな中で、今回は大陸を飛び越えてアフリカ大陸に出店するそうです。

そこでも丸亀製麺で勝負するかと思いきや、今回は照り焼き屋さんで勝負するそうです。その狙いとしては、ケニアにとってチキンは”ごちそう感”のある食材らしく、チキンを使用している日本食は、「照り焼きチキン」だからそうです。

さらにもう一つ狙いがあって、日本でもマクドナルドが初めて出店してからハンバーガーが根付いた実績があるように、トリドールはいち早くケニアに参入することにより、日本食を根付かせることを狙っているそうです。

 

そもそもなんでケニアなの?って思った方もいると思います。

その理由を簡単に説明すると、ケニアは高い経済成長や人口増加率が見込める見通しで、尚且つ外食店舗があまりなく、これから外食産業が伸びる可能性が十分にあるそうなんです。

 

いやー、日本の企業が海外進出に頑張っている姿を見ると、なんか誇らしく思えますね。早くおいしい日本食が世界中に広まってほしいです!

 

うどんのことを思いながら書いていると、うどんを食べたくなったので、今日のお昼は丸亀製麺でも行ってまいります。

 

PS:ほかの海外の店舗でも、うどんだけではなくてオーストラリアの店舗では、ラーメン店も展開しているそうですよ。

images (1)


http://tanoshiinakama.okinawa/wp-content/uploads/2015/03/images.jpghttp://tanoshiinakama.okinawa/wp-content/uploads/2015/03/images-150x130.jpgX楽しく学ぼう経済セミナーおはようございます。 今日のネタは、お昼ごはんでお世話になっている丸亀製麺のお話です。 丸亀製麺でおなじみのトリドールは、沖縄だけで6店舗、全国規模でみると現段階で848店舗も展開している外食産業の大手ですね! そのトリドールは数年前から海外出店を展開していて、海外では92店舗も展開しています。 主な出展地域は、中国、インドネシア、台湾、タイ、オーストラリア、アメリカなどアジアを中心に展開中でございます。 そんな中で、今回は大陸を飛び越えてアフリカ大陸に出店するそうです。 そこでも丸亀製麺で勝負するかと思いきや、今回は照り焼き屋さんで勝負するそうです。その狙いとしては、ケニアにとってチキンは”ごちそう感”のある食材らしく、チキンを使用している日本食は、「照り焼きチキン」だからそうです。 さらにもう一つ狙いがあって、日本でもマクドナルドが初めて出店してからハンバーガーが根付いた実績があるように、トリドールはいち早くケニアに参入することにより、日本食を根付かせることを狙っているそうです。   そもそもなんでケニアなの?って思った方もいると思います。 その理由を簡単に説明すると、ケニアは高い経済成長や人口増加率が見込める見通しで、尚且つ外食店舗があまりなく、これから外食産業が伸びる可能性が十分にあるそうなんです。   いやー、日本の企業が海外進出に頑張っている姿を見ると、なんか誇らしく思えますね。早くおいしい日本食が世界中に広まってほしいです!   うどんのことを思いながら書いていると、うどんを食べたくなったので、今日のお昼は丸亀製麺でも行ってまいります。   PS:ほかの海外の店舗でも、うどんだけではなくてオーストラリアの店舗では、ラーメン店も展開しているそうですよ。