今回は、『バックハンド』についてお話しします。

 

《ペンハンドグリップの場合》

利き腕とは反対側にラケットを持って行き、ラバー面が相手に向くように手をひねります。

ボールが来たらそのボールを相手に向かって押し出すようなイメージで打ちます。

 

《シェイクハンドグリップの場合》

右利きの場合、台のエンドラインに対してやや左足前か平行足のスタンスで、台の近くに立ち体の正面でボールを捕らえます。
フォアハンドと同じように、ラケットの振り出しは台の高さくらいから、前上方向にコンパクトなスイングになるよう意識しましょう。

Author Profile

teru
1990年生まれ
沖縄市出身

世の中わからないことだらけ♪
勉強中です!

『日々是好日』どんな日も最良の日、という言葉を胸に生きてます!

色んな人と出会っていきたいです^ ^

【語り場】企画してるので、よろしくお願いしま〜す(^o^)/

○メール
teru@tanoshiinakama.okinawa
○Facebook
http://fb.me/hiroaki.teruya.96
○LINE
http://line.me/ti/p/AY4cBa_YVY

http://tanoshiinakama.okinawa/wp-content/uploads/2015/08/image8.jpghttp://tanoshiinakama.okinawa/wp-content/uploads/2015/08/image8-150x150.jpgteruスポーツしよう卓球部今回は、『バックハンド』についてお話しします。   《ペンハンドグリップの場合》 利き腕とは反対側にラケットを持って行き、ラバー面が相手に向くように手をひねります。 ボールが来たらそのボールを相手に向かって押し出すようなイメージで打ちます。   《シェイクハンドグリップの場合》 右利きの場合、台のエンドラインに対してやや左足前か平行足のスタンスで、台の近くに立ち体の正面でボールを捕らえます。フォアハンドと同じように、ラケットの振り出しは台の高さくらいから、前上方向にコンパクトなスイングになるよう意識しましょう。