「あれがしたい。どこに行きたい。誰と行きたい。この仕事がしたい。どこに住みたい。誰の役に立ちたい。誰のために生きたい。」こういうこと、大人になったら素直に言えなくなりがちです。「そうは言ってもな…」と、自分で自分の選択肢を消してしまう。

でも!素直にそれを望むなら、方法はあるんです。自分が望むものを手にいれる。それは、自分の「時間」を自分が望むように使うっていうことです。自分のものであるはずの「自分の時間」、つまり「自分自身」を、望まない使い方をされてしまわないように、しっかり守るということです。

そうするためには、やっぱり少しの頑張りが必要です。当然ですよね!自分自身を守るんだから。

1人では不安で、勇気が出ないことがたくさんあります。でも、みんなと一緒なら、頑張れるはず。しかも楽しみながら!

自分が望むことは手に入れていい、大切なものは守っていい!それを思いださせてくれる仲間、それが「たのしい仲間」だと思います。   by かずさ



皆さんが考える仲間とはどういったものですか?さらに楽しい仲間とはどのような仲間でしょうか。
友達、知人、顔見知り、何が違うのでしょうか。
私が考える楽しい仲間とは本当に自分らしく生きている人達がお互いを尊重しながら1つの目的に向かって行動する関係だと考えています。実はこれ、この言葉をよーく見てみると私たちが生きている環境では中々お目にかかれない関係かもしれない!って事に気付きます。先ず、自分が自分らしく生きていますか?自分らしい生き方とはなんでしょうか?らしく生きる!それは、自分の時間(命)を心から満足して使えている時だと私は考えています。
もちろん、仕事で同じチームを組んで共に目標に向かう関係も仲間です。与えられた役割をしっかりと果たすという力も大切です。「らしく生きようたのしい仲間」は自分らしく生きる為には何が必要なのか?さらに自分らしく生きている人達が互いに尊重しながら1つの目的に向かって行動するにはどうすれば良いのかを常に考え行動する人を応援します!   by 大


 

楽しいって面白いことや時間を忘れて過ごせることです。仲間って一緒にいて楽しいことや助け合える人のことです。

楽しい仲間ってただ楽しいねだけでは仲間にはなりません。仲間ってこれまでを振り返ってみても同じ目標に向かって動いて失敗や成功を繰り返し共に過ごしてきた人のことだなと感じます。仲間って思えるなら、自分の時間を使っても仲間のためになってるなら嬉しいです。

私のこれまでの仲間は上記の意味合いでしたが、今の楽しい仲間とは、同じ志を持ちそれだからこそ相手に厳しいことが言えたり、それだけ愛を持っているので信頼できて素直になれる自分が含まれていると感じます。だからこそ、私自身が頼っていくこともできるし仲間にも頼ってきて欲しいです。それは時間をかけるということではなく、何度も仲間と自分の時間を費やして考え議論してお互いの意思を確認しあうことによってお互いに成長することができるパートナーです。

しかし、人はぶつかることを避けていくので本音を言い合うことなかなかできません。なぜって、ぶつかると労力を使ってめんどくさいって避けていく傾向があるため、そこをしっかりしていくことで、お互いの意思を確認できる。だからこそ楽しいとき辛いとき苦しい時を過ごすからこそ本当に一緒にいて”楽しい仲間”がうまれてくる。

私が実際におこなってきてうまれてきた。これは人生において本当に貴重な体験であり、大切な仲間ですね。

  by yoppy


 

人生、やはり楽しく生きたいものです。
そのためには仲間が必要です。

1人で何をしても本当の仲間と共有する喜びや楽しさに勝るものはないと思います。
しかしその仲間は簡単に作ることはできません。
ただ一緒にいるだけでは仲間にはなれないと思います。
共に挑戦し、同じ問題を乗り越え、苦い思いをし、サポートし合いそれを繰り返すことで、本当に仲間となることができるのだと思います。

また、そこで大事なのは本音で語り合うことです。
私たちは、なかなか本音で語り合うことが苦手だと思います。
しかし相手を良くしていきたい、お互い良くなっていきたいと思ったとに、厳しいことを指摘しあうのも必要なプロセスであります。
そうして腹を割って話が出来た時、仲間になれるのだと思います。

『たのしい仲間』とは、良い時も悪い時も一緒になって様々な経験をすることによって、本当に心から笑いあえる関係を築いた、そんな仲間だと思います。
そういう仲間を夢見て、また、その輪が少しでも広がるよう、日々邁進していきたい所存です。   by Teru


 

規約事項

1.当団体は非営利のNPO任意団体です。

1.当団体が開催するイベントにて営利を目的とする活動を固くお断りします。