国産イチゴが高級化しているみたいです。

やっぱり時間と手間がかかる農家の効率を考えると薄利多売よりも、一個一個を丹精込めて栽培し付加価値付けて、しっかりと利益を残す方が良いと考えます。

上記のことは、イチゴ農家に限らずすべての農家に言えることだと思います。なので、有機栽培なども有効的だと思います。

ただ、すべての物の価格が上がると困りますが、、、

 

今まで、一粒の価格では福岡県産の「あまおう」が一粒200円なのに対し、最近新品種として出てきた栃木県産「スカイベリー」は一粒350円だそうです。スカイベリーはまだまだ出荷量が少なく、栃木県外での入手は難しいとの事です。

国産いちごでは、栃木県は「とちおとめ」を主力に収穫量日本一を46年守ってきたが、一粒の価格では福岡県の「あまおう」が10年連続トップだった。

そこに「スカイベリー」が出てきたことによって、栃木県のさらなる躍進が加速することになりそうですね。

File00160


http://tanoshiinakama.okinawa/wp-content/uploads/2015/03/File00160.jpghttp://tanoshiinakama.okinawa/wp-content/uploads/2015/03/File00160-150x150.jpgX楽しく学ぼう経済セミナー国産イチゴが高級化しているみたいです。 やっぱり時間と手間がかかる農家の効率を考えると薄利多売よりも、一個一個を丹精込めて栽培し付加価値付けて、しっかりと利益を残す方が良いと考えます。 上記のことは、イチゴ農家に限らずすべての農家に言えることだと思います。なので、有機栽培なども有効的だと思います。 ただ、すべての物の価格が上がると困りますが、、、   今まで、一粒の価格では福岡県産の「あまおう」が一粒200円なのに対し、最近新品種として出てきた栃木県産「スカイベリー」は一粒350円だそうです。スカイベリーはまだまだ出荷量が少なく、栃木県外での入手は難しいとの事です。 国産いちごでは、栃木県は「とちおとめ」を主力に収穫量日本一を46年守ってきたが、一粒の価格では福岡県の「あまおう」が10年連続トップだった。 そこに「スカイベリー」が出てきたことによって、栃木県のさらなる躍進が加速することになりそうですね。