建築業がピンチらしいです。

2020年までに今いる建築技能者が約100万人も減り、現在いる建築技能者の約6割まで減少するそうです。

これから、東京オリンピックや東北地方の復興・復旧もあるし、各都道府県の公共工事などもあるのに本当に人不足が深刻化しそうですね。

今の現状でさえ、公共工事に人がいないから入札が入らなかったり、住宅工事なども人がいなくて進行出来ない現場もある中、これ以上ひどくなると怖いですね。

その為に国は、新規雇用の獲得や給料の水準向上などを視野に入れて対策をしていくらしいです。

以前から建築業の人不足が深刻化するとわかっていたので、建築業用のロボットの開発が進んでいるみたいですね。

そして、今人がやっている仕事をロボットに任せることが増えてくると、どんどん雇用がなくってくると思います。

それが一番怖いですね。なんでもロボットや機械に頼ることになると働きたくても働けない状況がどんどん増えてきそうですね、、、

image


http://tanoshiinakama.okinawa/wp-content/uploads/2015/03/image282.jpghttp://tanoshiinakama.okinawa/wp-content/uploads/2015/03/image282-150x150.jpgX楽しく学ぼう経済セミナー建築業がピンチらしいです。 2020年までに今いる建築技能者が約100万人も減り、現在いる建築技能者の約6割まで減少するそうです。 これから、東京オリンピックや東北地方の復興・復旧もあるし、各都道府県の公共工事などもあるのに本当に人不足が深刻化しそうですね。 今の現状でさえ、公共工事に人がいないから入札が入らなかったり、住宅工事なども人がいなくて進行出来ない現場もある中、これ以上ひどくなると怖いですね。 その為に国は、新規雇用の獲得や給料の水準向上などを視野に入れて対策をしていくらしいです。 以前から建築業の人不足が深刻化するとわかっていたので、建築業用のロボットの開発が進んでいるみたいですね。 そして、今人がやっている仕事をロボットに任せることが増えてくると、どんどん雇用がなくってくると思います。 それが一番怖いですね。なんでもロボットや機械に頼ることになると働きたくても働けない状況がどんどん増えてきそうですね、、、