英語を学ぶことについて。
2018年より、小学校3年生から外国語活動、すなわち英語学習が必修化されます。それについてわたしは疑問があって、強く推奨するということはないのだけど、そればっかりは国がとろうとする方向性なので、なかなかimage image変えることは難しいのだとおもいます。

英語学習というのはつまるところ、「記憶」です。記憶するという作業によってほとんどの(日常会話を話すため、生活するための)英語についての学習は完成します。
初期の英語学習、しかも小学校でおしえる英語学習に、思考することや創造、工夫することの必要性はほとんどありません。英語をおしえているものがそう言うのもなんですが、へんに学問としての地位を高めずに、英語は楽しみであり、どこかしら自分の知らない世界を感じることができる物語やおもちゃとかテレビ番組みたいな感じで捉えてるぐらいでいいのかなって思うのです。

しかし、英語はどこまでいっても単純な記憶作業の集大成で、扁平で狭小な範囲でしか脳みそに役に立たない学問であるかと言われれば、決してそうではないのです。ひとたび魅力を感じてしまい、単に留学したいとかそういうんでなく、各種のテストで高スコアを狙おうとか、ものすごく英国文学に感じ入ってしまって詳細にわたる機微まで追求したいとか、どうしても読みたい英語の学術文献があるとか、きっかけや動機付けがおこったときに、それは学究に値する学問となりうるとおもうのです。そして、仮定法現在と仮定法過去の違いを丁寧に説明しようとしたり、誰が使うんだろう?という専門用語の英単語をシラブルごとに分解して記憶する作業は、その語源をゲルマン諸語やラテン語に遡っていき、歴史的背景や文化を知ることになる。
そして何より、英語を適切に訳して相互理解と世界平和のために生かすなら、母語についても深く追求しなければどうしようもならない。
「英語をしゃべれる、話せる人」は、記憶作業をがんばったひとです。
でも、「英語を理解している人」は、思考、創造、工夫をこらして日本語についてもエキスパートである場合が多いのです。


じゃあ何でいまわたしは小学校で英語をおしえているのか?それは、大人のひとに施す初級講座もしかりです。遊びなの?即効性はないの?

考えてみたところ、どうしてもわたしには、「まずは楽しんでほしい。楽しいものだと思ってほしい。」それしかないのです。そして今現在の私が持つ英語スキルについてもそこが限界でもあります。
だって、子どもたちの学習の中で、いちばんがんばってほしいのは、やっぱり国語や算数や音楽や体育、道徳です。でも、その凡庸で無限大の脳みそのひだに、おまけみたいに英語の記憶があることで、その子が中学生になったとき、20歳になったとき、もしかして子育てが落ち着いて何か新しいことをはじめたくなったとき、楽しかった記憶とか、「英語ならなんかできそう」、そんな感覚から、興味や好きは、生まれると思うんです。そうやって好きを追求するうちに、英語が話せるようになって、ゆくゆくは海外の多くの知らない文献を丁寧に読み解いて日本人に紹介してくれる人たちがもっとでてきたり、外国人にも日本のぶんかや魂の素晴らしさを率直に伝えられる人たちがどんどん現れるかもしれない。
その日のために、小さな「なんか楽しい」の種を植えておきたいのです。
大人の初級講座受講者の皆さんにも言えることです。興味をもってきてくれた、少しでもしゃべれるようになりたいとおもってきてくれた。その人たちにもってもらうおみやげは、難解な単語やおおげさな文法の解説やシラブルごとに分解してケルト人が暮らしたブリテン島の歴史まで遡ることではありません。
英語のもつ楽しさや、喋れるんでないかという自己への期待感や、記憶するという時間を持つことの必要性を理解してもらうことです。
日常に帰った時に忘れちゃってもいいんですよね。本当に必要になって話したい、どうしても話さなきゃ生きていけない、ということになって初めて、活かされる下地さえあれば。

そんな感じで英語をおしえる立場を究明しとかないと、これからくる新学期にわたしなにやってんだろ?みたいなことにならないように、笑、
いろいろ夜中考えてみました。
人というのは屁理屈が好きなのだ。
動機付けがなければふとしたときに「へ?なんでだっけ?」ってなってなあなあに終わるのです。笑


次回英語カフェは、
9月25日 20時〜
那覇市おもろまち
参加費1500円(1.5時間のレッスンと、お茶、お菓子付き)

Author Profile

meg
全てが勉強!絶賛成長中^_^
特技は猫の性別を後ろ足の間を見なくても見分けられることです。
meg@tanoshiinakama.okinawa
こんにちは✨meahです。沖縄県那覇市にて、子どもたちに英語をおしえてます。いつか、日本の子どもたちのために何かしたいという思いで、若者を応援するプロジェクトを推進する師のもとで勉強中です。テーマはteaenglish!ティーングリッシュってことで、お茶を飲むように楽しく豊かな気持ちで英語を学ぼう!です^_^

ホームページ
http://tanoshiinakama.okinawa

YouTube

https://m.youtube.com/channel/UCsGNVGFjlcBCJr5DGDGENcA


Facebook https://m.facebook.com/satomeg?ref=bookmark

http://tanoshiinakama.okinawa/wp-content/uploads/2015/08/image27.jpghttp://tanoshiinakama.okinawa/wp-content/uploads/2015/08/image27-150x150.jpgmegスタッフ日和楽しく学ぼう英語を学ぶことについて。2018年より、小学校3年生から外国語活動、すなわち英語学習が必修化されます。それについてわたしは疑問があって、強く推奨するということはないのだけど、そればっかりは国がとろうとする方向性なので、なかなか 変えることは難しいのだとおもいます。 英語学習というのはつまるところ、「記憶」です。記憶するという作業によってほとんどの(日常会話を話すため、生活するための)英語についての学習は完成します。初期の英語学習、しかも小学校でおしえる英語学習に、思考することや創造、工夫することの必要性はほとんどありません。英語をおしえているものがそう言うのもなんですが、へんに学問としての地位を高めずに、英語は楽しみであり、どこかしら自分の知らない世界を感じることができる物語やおもちゃとかテレビ番組みたいな感じで捉えてるぐらいでいいのかなって思うのです。 しかし、英語はどこまでいっても単純な記憶作業の集大成で、扁平で狭小な範囲でしか脳みそに役に立たない学問であるかと言われれば、決してそうではないのです。ひとたび魅力を感じてしまい、単に留学したいとかそういうんでなく、各種のテストで高スコアを狙おうとか、ものすごく英国文学に感じ入ってしまって詳細にわたる機微まで追求したいとか、どうしても読みたい英語の学術文献があるとか、きっかけや動機付けがおこったときに、それは学究に値する学問となりうるとおもうのです。そして、仮定法現在と仮定法過去の違いを丁寧に説明しようとしたり、誰が使うんだろう?という専門用語の英単語をシラブルごとに分解して記憶する作業は、その語源をゲルマン諸語やラテン語に遡っていき、歴史的背景や文化を知ることになる。そして何より、英語を適切に訳して相互理解と世界平和のために生かすなら、母語についても深く追求しなければどうしようもならない。「英語をしゃべれる、話せる人」は、記憶作業をがんばったひとです。でも、「英語を理解している人」は、思考、創造、工夫をこらして日本語についてもエキスパートである場合が多いのです。 じゃあ何でいまわたしは小学校で英語をおしえているのか?それは、大人のひとに施す初級講座もしかりです。遊びなの?即効性はないの? 考えてみたところ、どうしてもわたしには、「まずは楽しんでほしい。楽しいものだと思ってほしい。」それしかないのです。そして今現在の私が持つ英語スキルについてもそこが限界でもあります。だって、子どもたちの学習の中で、いちばんがんばってほしいのは、やっぱり国語や算数や音楽や体育、道徳です。でも、その凡庸で無限大の脳みそのひだに、おまけみたいに英語の記憶があることで、その子が中学生になったとき、20歳になったとき、もしかして子育てが落ち着いて何か新しいことをはじめたくなったとき、楽しかった記憶とか、「英語ならなんかできそう」、そんな感覚から、興味や好きは、生まれると思うんです。そうやって好きを追求するうちに、英語が話せるようになって、ゆくゆくは海外の多くの知らない文献を丁寧に読み解いて日本人に紹介してくれる人たちがもっとでてきたり、外国人にも日本のぶんかや魂の素晴らしさを率直に伝えられる人たちがどんどん現れるかもしれない。その日のために、小さな「なんか楽しい」の種を植えておきたいのです。大人の初級講座受講者の皆さんにも言えることです。興味をもってきてくれた、少しでもしゃべれるようになりたいとおもってきてくれた。その人たちにもってもらうおみやげは、難解な単語やおおげさな文法の解説やシラブルごとに分解してケルト人が暮らしたブリテン島の歴史まで遡ることではありません。英語のもつ楽しさや、喋れるんでないかという自己への期待感や、記憶するという時間を持つことの必要性を理解してもらうことです。日常に帰った時に忘れちゃってもいいんですよね。本当に必要になって話したい、どうしても話さなきゃ生きていけない、ということになって初めて、活かされる下地さえあれば。 そんな感じで英語をおしえる立場を究明しとかないと、これからくる新学期にわたしなにやってんだろ?みたいなことにならないように、笑、いろいろ夜中考えてみました。人というのは屁理屈が好きなのだ。動機付けがなければふとしたときに「へ?なんでだっけ?」ってなってなあなあに終わるのです。笑 次回英語カフェは、9月25日 20時〜那覇市おもろまち 参加費1500円(1.5時間のレッスンと、お茶、お菓子付き)