いま、カラダとココロが、水をいっぱい吸ってしまった雑巾みたいに重たいんです。

さいきん、役割論というのが自身の中でひろく蔓延しておりまして、あらゆる場面で「役割」ということについて考えるのです。


わたしには旦那様がいますが、彼は、私のおうちでいつもそばにいてくれる、迎えてくれる、リラックスして一緒にご飯を食べてくれる、眠ってくれるという、家族、旦那さんとしての役割をパーフェクトにこなしているのです。

彼以上の人はこの役割では、不必要なのです。
私にとっての世界一の旦那さんなのです。

ですがわたしは、カラオケが好きだったり、ビジネスをしてみたい気持ちがあったり、好きな文学についてしこたまインテリぶりながら論じることが好きだったり、たまにバカみたいな下ネタを飛ばしあって馬鹿笑いすることがまた、必要なのです。

そういうことをしてくれるお友達が、よそに、多すぎはしませんが、不足もなく、いてくださいます。

その人たちはわたしの世界一多くを語れる親友であったり、世界一おもしろいお友達であったり、世界一仕事というものを的確に教えて下さる師匠であったり、世界一よきお話をしてくださるお友達だったり、なのです。

それぞれの役割をパーフェクトにこなしてくださる、ミスター、ミス、ミセスオンリーワンの皆さんです。

それぞれの役割は、もうわたしにとってほとんど盲目的で妄執的といっても、いいぐらいに、その人にしかこなせないものなのです。

たとえば大阪のあやんという友達がいなくなったらもうわたしはあんなにバカでエロいクールなお友達がいなくなってしまうので、その人を失うということはわたしの大切な一部分を失って、生きる気力でさえ削がれるような事態なのです。

そして、「ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン♪」という歌詞が流れて、前の私だったらそういう人たちを持てただけで、そしてもしかしてそういう自身の存在価値を肯定できる理論に改めて出会えた、ただそれだけでしあわせな気持ちになれたとおもうのですが、
今は日本という国が10.20年後にどうなっているかを案じて幸せになっている場合ではないんです。

年金の100年安心プランとか、給与はあがらないのに物価や税金がどんどんあげられて、ゆっくりと緩慢に、わたしたちは何もしないで、「もともと特別なオンリーワン♪」とうたっていたらいつのまにか茹でガエルになります。

緩慢に死に向かいます。

大げさじゃなくて、ネットや雑誌でも頻繁に、貧困に関する記事を見るようになってませんか?
わたしたちのような普通に働くOLさんや共働きの夫婦が、もうすでにその、わたしたちが見ないようにしてなんとか生きている暗黒の深淵に足を踏み入れて貧困スパイラルに陥ってるのです。

生活保護受けてる人、母子家庭だから、もともと家が貧乏で家族に病気がいて。。とか、けっこうドラマティックな設定の中でだけ起こることではもはやないのです。

わたしはおそろしい現実に直面してしまった。

「そんなことばっか考えてるからそうなるんだよー」と言ってる人はきっと、準備ができてる人たちなんですよね。

準備ができてないけどこれからなんとかなるよね!がんばっているからなんとかなるよね、という時代ではもう、ないんですよね。

そこで私は考えます。カラダとココロが水をいっぱい吸った雑巾みたいに重いから。

「じゃあ、その時がきて、たとえば病気になって、たとえばおかねがまったくままならなくなって、生きていることで人様に(とくに旦那様に)迷惑をかけることになれば、そのときにはなんとかアメリカのどっかの州では尊厳死が認められてるみたいに、日本でも安らかに死ねる注射がでてきて、打てばさっぱり、後腐れもなく死ねるはず」と名案を考えました。

しばらくそれで楽だったんです。
あ〜きっとそうなる。安心だわ。

って。


でもよく考えるとわたしは無神論者ではありますが、すべての生きている物質に、見えないものの魂が宿っていることを信じていたり、リインカーネーションも信じているので、そんな風に死んだらなんだかせっかくここまで、まあせいぜいわたしの魂は1歳半とかなんだろうけど、そこまでがんばったのに、また0歳になっちゃうか、そもそも魂が抹消されて生まれ変わりのチャンスすら神様は与えてくれないのかもしれないと心配になってしまい、その線はないな、。。と消えました。

そのため、どうしても人様に迷惑をかけながら生きるのが嫌なので、
いまはまだ雑巾みたいだけど、
すごく嫌だけど聴きたくないけど、こういう現実をしっかり見つめて受け入れ続けてわたしの血肉にしてしまうまで、この講話を師匠からしっかり聴こうという風に思えました。

いまは思考の海を泳いでようやく目標の島が近いところ、そこでまた答えを見失って漂流してしまっています。

苦しくても流れに乗って、泳ぎ続けて、島が見えるとこまで行くしかないのよ。

 

 

経済セミナー

8月20日 20時〜

那覇市おもろまち4-6-19

flexおもろまち402

参加費1000円

Author Profile

meg
全てが勉強!絶賛成長中^_^
特技は猫の性別を後ろ足の間を見なくても見分けられることです。
meg@tanoshiinakama.okinawa
こんにちは✨meahです。沖縄県那覇市にて、子どもたちに英語をおしえてます。いつか、日本の子どもたちのために何かしたいという思いで、若者を応援するプロジェクトを推進する師のもとで勉強中です。テーマはteaenglish!ティーングリッシュってことで、お茶を飲むように楽しく豊かな気持ちで英語を学ぼう!です^_^

ホームページ
http://tanoshiinakama.okinawa

YouTube

https://m.youtube.com/channel/UCsGNVGFjlcBCJr5DGDGENcA


Facebook https://m.facebook.com/satomeg?ref=bookmark

http://tanoshiinakama.okinawa/wp-content/uploads/2015/08/image18-1024x768.jpghttp://tanoshiinakama.okinawa/wp-content/uploads/2015/08/image18-150x150.jpgmeg楽しく学ぼう経済セミナーいま、カラダとココロが、水をいっぱい吸ってしまった雑巾みたいに重たいんです。 さいきん、役割論というのが自身の中でひろく蔓延しておりまして、あらゆる場面で「役割」ということについて考えるのです。 わたしには旦那様がいますが、彼は、私のおうちでいつもそばにいてくれる、迎えてくれる、リラックスして一緒にご飯を食べてくれる、眠ってくれるという、家族、旦那さんとしての役割をパーフェクトにこなしているのです。 彼以上の人はこの役割では、不必要なのです。私にとっての世界一の旦那さんなのです。 ですがわたしは、カラオケが好きだったり、ビジネスをしてみたい気持ちがあったり、好きな文学についてしこたまインテリぶりながら論じることが好きだったり、たまにバカみたいな下ネタを飛ばしあって馬鹿笑いすることがまた、必要なのです。 そういうことをしてくれるお友達が、よそに、多すぎはしませんが、不足もなく、いてくださいます。 その人たちはわたしの世界一多くを語れる親友であったり、世界一おもしろいお友達であったり、世界一仕事というものを的確に教えて下さる師匠であったり、世界一よきお話をしてくださるお友達だったり、なのです。 それぞれの役割をパーフェクトにこなしてくださる、ミスター、ミス、ミセスオンリーワンの皆さんです。 それぞれの役割は、もうわたしにとってほとんど盲目的で妄執的といっても、いいぐらいに、その人にしかこなせないものなのです。 たとえば大阪のあやんという友達がいなくなったらもうわたしはあんなにバカでエロいクールなお友達がいなくなってしまうので、その人を失うということはわたしの大切な一部分を失って、生きる気力でさえ削がれるような事態なのです。 そして、「ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン♪」という歌詞が流れて、前の私だったらそういう人たちを持てただけで、そしてもしかしてそういう自身の存在価値を肯定できる理論に改めて出会えた、ただそれだけでしあわせな気持ちになれたとおもうのですが、今は日本という国が10.20年後にどうなっているかを案じて幸せになっている場合ではないんです。 年金の100年安心プランとか、給与はあがらないのに物価や税金がどんどんあげられて、ゆっくりと緩慢に、わたしたちは何もしないで、「もともと特別なオンリーワン♪」とうたっていたらいつのまにか茹でガエルになります。 緩慢に死に向かいます。 大げさじゃなくて、ネットや雑誌でも頻繁に、貧困に関する記事を見るようになってませんか?わたしたちのような普通に働くOLさんや共働きの夫婦が、もうすでにその、わたしたちが見ないようにしてなんとか生きている暗黒の深淵に足を踏み入れて貧困スパイラルに陥ってるのです。 生活保護受けてる人、母子家庭だから、もともと家が貧乏で家族に病気がいて。。とか、けっこうドラマティックな設定の中でだけ起こることではもはやないのです。 わたしはおそろしい現実に直面してしまった。 「そんなことばっか考えてるからそうなるんだよー」と言ってる人はきっと、準備ができてる人たちなんですよね。 準備ができてないけどこれからなんとかなるよね!がんばっているからなんとかなるよね、という時代ではもう、ないんですよね。 そこで私は考えます。カラダとココロが水をいっぱい吸った雑巾みたいに重いから。 「じゃあ、その時がきて、たとえば病気になって、たとえばおかねがまったくままならなくなって、生きていることで人様に(とくに旦那様に)迷惑をかけることになれば、そのときにはなんとかアメリカのどっかの州では尊厳死が認められてるみたいに、日本でも安らかに死ねる注射がでてきて、打てばさっぱり、後腐れもなく死ねるはず」と名案を考えました。 しばらくそれで楽だったんです。あ〜きっとそうなる。安心だわ。 って。 でもよく考えるとわたしは無神論者ではありますが、すべての生きている物質に、見えないものの魂が宿っていることを信じていたり、リインカーネーションも信じているので、そんな風に死んだらなんだかせっかくここまで、まあせいぜいわたしの魂は1歳半とかなんだろうけど、そこまでがんばったのに、また0歳になっちゃうか、そもそも魂が抹消されて生まれ変わりのチャンスすら神様は与えてくれないのかもしれないと心配になってしまい、その線はないな、。。と消えました。 そのため、どうしても人様に迷惑をかけながら生きるのが嫌なので、いまはまだ雑巾みたいだけど、すごく嫌だけど聴きたくないけど、こういう現実をしっかり見つめて受け入れ続けてわたしの血肉にしてしまうまで、この講話を師匠からしっかり聴こうという風に思えました。 いまは思考の海を泳いでようやく目標の島が近いところ、そこでまた答えを見失って漂流してしまっています。 苦しくても流れに乗って、泳ぎ続けて、島が見えるとこまで行くしかないのよ。     経済セミナー 8月20日 20時〜 那覇市おもろまち4-6-19 flexおもろまち402 参加費1000円